Firenze-Oltrarno.net: フィレンツェの芸術・名所旧跡: サン・フレディアーノ地区 : サン・フレディアーノ・イン・チェステッロ教会
サン・フレディアーノ・イン・チェステッロ教会
必見あれこれ

Cuculia - Ristorante Libreria (ククーリア レストラン & Book Shop): グルメと読書:2つの情熱がククーリアで融合し、伝統とイノベーションを進化させる。

Da i' Conte Diladdarno (コヌテ・ヂラッダルノ): フィレンツェの伝統と強く結びついた、サンフレディアーノ地区。その中で昔ながらの、家庭的な雰囲気があふれるトラットリア。

Fili Folli (フィーリ•フォッリ): 服飾雑貨、ランジェリー、洋服直し。

Hotel Relais Il Cestello ():

Momo Vintage (モモ・ヴィンティジ): モモ・ヴィンティジ:世界中の服とアクセサリー。

Ostello Santa Monaca (ユース・ホステル・サンタ・モーナカ): カルミネ広場の間ユース・ホステル。

Residenza il Carmine (レジデンス・イル・カルミネ): ブランカッチ礼拝堂のすぐそば。キッチン付きのアパート。

カッライア橋
サン・フレディアーノ門
サンタ・マリア・デル・カルミネ教会
ブランカッチ礼拝堂

 

ツーリストインフォメーション
アクセス: 中央駅からバスDで、約10分。
開館時間: 休祭日 10時〜11時30分及び17時〜18時;平日 9時〜11時30分及び16時30分〜17時30分。
入場料: 無料.

フィレンツェに多数見られるファサードが未完のままの教会。サン・フレディアーノ・イン・チェステッロ教会Chiesa di S. Frediano in Cestelloもその一つ。それでも後期バロック時代のフィレンツェ建築様式をよく表した例である。

歴史 - 見どころ

 歴史


当地には1450年に建設された、サンタ・マリア・デッリ・アンジェリと呼ばれる修道院があったが、1628年にはシトー派修道会士たちに引き渡された。その修道士たちの依頼によりゲラルド・シルヴァーニが現在の教会建築を担当する。
当初の計画によるとファサードはサン・フレディアーノ通りBorgo San Frediano側、つまり現在の建物の真裏側に向くはずであったが、注文主はアルノ川つまり町の中心へ向いていることを望み、アントニオ・チェッルーティに新たな計画書を作るよう依頼する。1680年工事はチェッルーティのプロジェクトにしたがって再開され、1689年アントニオ・フェッリがドラム付きのクーポラを築いたところで終了する。ファサードは作られず、今日まで未完のままで残っている。
1783年教会は教区に組み込まれ、修道院は廃止されて神学校となった。

写真の上をクリックすると、拡大します.

先頭に戻る

 見どころ


ラテン式十字様式の教会内部は、明色のしっくいとクーポラの大きな窓から差し込む光りがその特徴である。クーポラのフレスコ画はアントン・ドメニコ・ガッビアーニAnton Domenico Gabbianiによる“マッダレーナの至福Gloria della Maddalena”およびマッテオ・ボネッキMatteo Bonechiによる“徳”Virtùである。
両側の礼拝堂は当時の名手たちによるスタッコ細工とフレスコ画で飾られている。その中にはマッテオ・ボネッキ、アレッサンドロ・ゲラルディーニAlessandro Gherardini、アントニオ・プッリエスキAntonio Puglieschiなどの作品がある。左から3番目の礼拝堂には13〜14世紀の木製彫刻、“微笑のマリアMadonna del sorriso”が残されている。
翼廊内部:左翼廊にはヤコポ・デル・セッライオJacopo del Sellaioによる“十字架のキリストと聖人Crocefissione e Santi”右翼廊にはフランチェスコ・クッラーディFrancesco Curradi raffiguranteによる浮き彫り、“栄光のマリアと聖人たちMadonna in gloria e Santi”がある。

先頭に戻る

« 前 | サン・フレディアーノ地区のマップ | 次 »

 HOME PAGE | お気に入りに追加 | このページをメールで送る
AddThis ソーシャルブックマークサービス
Copyright © 1999-2019 Niji.Net
このサイトについて | お問い合わせ