カッライア橋
必見あれこれ

Centro Fiorenza (チェントロ・フィオレンツァ): イタリア語学コース。フィレンツェおよびエルバ島。

Cuculia - Ristorante Libreria (ククーリア レストラン & Book Shop): グルメと読書:2つの情熱がククーリアで融合し、伝統とイノベーションを進化させる。

Da i' Conte Diladdarno (コヌテ・ヂラッダルノ): フィレンツェの伝統と強く結びついた、サンフレディアーノ地区。その中で昔ながらの、家庭的な雰囲気があふれるトラットリア。

Fili Folli (フィーリ•フォッリ): 服飾雑貨、ランジェリー、洋服直し。

Hotel Relais Il Cestello ():

Momo Vintage (モモ・ヴィンティジ): モモ・ヴィンティジ:世界中の服とアクセサリー。

Ostello Santa Monaca (ユース・ホステル・サンタ・モーナカ): カルミネ広場の間ユース・ホステル。

Residenza il Carmine (レジデンス・イル・カルミネ): ブランカッチ礼拝堂のすぐそば。キッチン付きのアパート。

サン・フレディアーノ・イン・チェステッロ教会
サンタ・マリア・デル・カルミネ教会
ブランカッチ礼拝堂

 

ツーリストインフォメーション
行き方: 中央駅から、バス11番で約3分。ヴェッキオ橋からアルノ川沿いに川下へ向かって2本目の橋。徒歩約10分。

カッライア橋Ponte alla Carraiaという名前は、橋が馬車の通過を目的として築かれたことに由来する.その後、度々改修されその姿を変えてきた。

歴史

 歴史


カッライア橋が“ポンテ・ヌオーヴォ”(新しい橋)という名前で、建設されたのは1218年。ピサの港への輸送を容易にするためだった。当初木造で造られていたこの橋はしかし、1269年の洪水で全壊。1269年、石の橋脚で再建され木材による橋桁が敷かれた。1333年、再び洪水によって橋は流され、今度は全て石造りで再建され、両端に小さな礼拝堂が設置された。さらに1557年、大公コジモ1世は橋の補強と拡張にアンマンナーティを任命する。同年やはり洪水によって上流のサンタ・トリニタ橋は全壊、カッライア橋も損傷していたからである。
19世紀初めまで町の守護聖人サン・ジョヴァンニの祝日(6月24日)にはこの橋から花火があげられていた。1867年、激しくなった車両の往来を避けるため、橋の両側に歩道がつけられた。

写真の上をクリックすると、拡大します.

1944年8月14日、カッライア橋もドイツ軍によって破壊された。再建計画を巡る意見の対立から、1950年になってようやく工事が始まる。
1952年に再建が成ったが、橋の中央に向かって傾斜が大き過ぎるという理由で、フィレンツェ市民の評判はすこぶる悪く、“せむしの橋”というあだ名が付けられる程だった。あまりにも不満が強かったために、橋は開通の際にも公式な式典などはいっさい行われなかった。

先頭に戻る

サン・フレディアーノ地区のマップ | 次 »

 HOME PAGE | お気に入りに追加 | このページをメールで送る
AddThis ソーシャルブックマークサービス
Copyright © 1999-2019 Niji.Net
このサイトについて | お問い合わせ