デミドフ広場

 

ツーリストインフォメーション
行き方: 中央駅からバスDまたは、ヴェッキオ橋からアルノ川沿いの道Lungarno Serristori徒歩約10分。

サン・ニッコロ地区に多く見られる、緑豊かな広場の一つデミドフ広場Piazza Demidoff.真ん中にすえられた、ニコライ・デミドフの大きなモニュメントが目を引く。

歴史 - 見どころ

 歴史


1500年代の建物セッリストーリ館Palazzo Serristoriに並ぶこの場所には当初ただ空き地と水車小屋があるだけだった。が、フィレンツェがイタリアの首都となったことに伴う都市計画の一環として、ルンガルノLungarno(アルノ川の両側に沿って走る道路)がグラツィエ橋Ponte alle Grazieとポッジ広場との間に敷かれ、この空き地は広場に変わる。
新しい広場はロシアの貴族ニコライ・デミドフを記念するものとなった。デミドフは1820年から1828年までの間在フィレンツェの大使を務め、セッリストーリ館に住んだ。その間彼は慈善家として積極的に活動し、学校や福祉施設を設立した。


写真の上をクリックすると、拡大します.

1870年デミドフの遺族はフィレンツェ市に大理石の記念碑(ロレンツォ・バルトリーニ作)を寄贈した。それはニコライが子供達を支えることに専心する姿とそれを囲む4つの徳を表す像である。

先頭に戻る

 見どころ


当初記念像に現在の鉄とガラスによる覆いはなかったが、1911年悪天候による損傷を防ぐため付け加えられた。
その後多年にわたり放置されていたが、1982年モニュメントは全面的に修復された。広場の隅にはいまだに2つの物置が本来の形のまま残っている。これは20世紀初頭、多くのフィレンツェの広場に作られた、造園師の道具を入れるための箱である。その後この広場の2つを除きすべて撤去された。

先頭に戻る

« 前 | サン・ニコロ地区のマップ | 次 »

 HOME PAGE | お気に入りに追加 | このページをメールで送る
AddThis ソーシャルブックマークサービス
Copyright © 1999-2019 Niji.Net
このサイトについて | お問い合わせ