Firenze-Oltrarno.net: フィレンツェの芸術・名所旧跡: サン・ニコロ地区 : サン・ジョルジョ門
サン・ジョルジョ門
必見あれこれ

Certini (チェルティーニ): フィレンツェ伝統の鉄鍛治職人工房が製作するアート・インテリア。

Il Bisonte (イル・ビゾンテ): 国際グラフィックアート専門学校。

ベルヴェデーレ要塞
城壁

 

ツーリストインフォメーション
行き方: サン・レオナルド通りVia San Leonardoと、サン・ジョルジョの坂Costa San Giorgioが交わる所にサン・ジョルジョ門Porta S. Giorgioはある。そこからオルトラルノで一番長い、町の城壁が残っている。アクセス:ヴェッキオ橋からサン・ジョルジョの坂を通って、徒歩約15分。

ベルヴェデーレ要塞の正面入り口の右側にあるのが、サン・ジョルジョ門。そこからサンミニアート門まで長い下り坂に沿って、古い城壁が連なる。

歴史 - 見どころ

 歴史


サン・ジョルジョ門は1324年、町の城壁が6度目に拡げられた際にアンドレア・オルカンニャの構想により建設された。
1529年、ドイツ皇帝カール五世のフィレンツェ侵攻を前にこの門も低く下げられたが、1590年には隣接してベルヴェデーレ要塞Forte Belvedereが建設された。
サン・ジョルジョ門の名前はサン・ジョルジョの坂の途中にある教会の名前をとって付けられた。


写真の上をクリックすると、拡大します.

先頭に戻る

 見どころ


門を外側から見ると、扉の上が2重のアーチ型になっているのが特徴。アーチの部分には14世紀、アンドレア・ダ・ポンテデラが制作した浮き彫り、竜を退治するサン・ジョルジョの姿(ただしこれは、コピー。オリジナルはヴェッキオ宮殿にある)が描かれている。

先頭に戻る

« 前 | サン・ニコロ地区のマップ | 次 »

 HOME PAGE | お気に入りに追加 | このページをメールで送る
AddThis ソーシャルブックマークサービス
Copyright © 1999-2019 Niji.Net
このサイトについて | お問い合わせ